シミ・くすみ

NARS<ラディアントクリーミーコンシーラー>のお色をチェック!

こんにちは!

17歳年下の旦那さんのために、マイナス17歳肌を目指すポーセリンです!

今回は、ラディアントクリーミーコンシーラーが大人気のNARSを取り上げたいと思います♪

それでは、行ってみましょ〜!

NARSとは?

NARS(ナーズ)は、フランス出身のフランソワ・ナーズ(François NARS)によって1994年にアメリカ・ニューヨークで誕生しました。

フランソワ・ナーズは、もともとフランスの名門メーキャップスクールを卒業後、パリで活動をしていました。

しかし、メーキャップアーティストとしてもっと上に行きたいならアメリカに渡るべきだというアドバイスを受け、1984年に渡米

その後、「ヴェルサーチ(VERSACE)」や「アナ スイ(ANNA SUI)」などのビッグブランドのバックステージでのサポート広告ビジュアルを手掛けると言った大役を次々にこなしていきます。

ところがある日、自分の使いたいリップスティックの色が存在しないことに気づいたフランソワは、ついに自分でリップスティックを作ることを思いつき、ついに1994年、12色のリップスティックのニューヨークでの発売からNARSというブランドがスタートします。

創始者であり、クリエイティブ・ディレクターを務めるのがフランソワ・ナーズです。
フォトグラファーとしても活躍する才能豊かなアーティストでもあります。

メイクアップは顔を覆うマスクではなく、女性の内面を表現するためのもの」というのがフランソワの哲学であり、単にアラを隠すだけが化粧ではないと言います。

メイクによってその人の個性を引き出し、美しさを最大化させるのがNARSの基本精神。

昨年25周年を迎えたばかりのNARS
毎年新しいブランドが次々に立ち上がる現在においても、第一線の注目ブランドとして君臨し続けるには、それなりの理由とフランソワ・ナーズ自身の魅力があったんですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NARS Cosmetics(@narsissist)がシェアした投稿

ラディアントクリーミーコンシーラーとは?

ラディアントクリーミーコンシーラーは、ベストコスメで殿堂入りも果たすほどのNARSにおける2013年の誕生以来の超ロングセラー人気商品です。

立体感、ハイライト効果を演出したり、肌の色ムラをカバーしたり、マルチに活躍するコンシーラー。
クリーミーな質感で、ミディアムなカバー力は重ねづけすることで調整可能。
ナチュラルで輝きのある仕上がりをもたらします。

NARSで最初に誕生した12色のリップもそうですが、フランソワは、リップスティックとしてだけではなく、チークやアイシャドウとしてもリップを使い、その発想の柔軟さは大変な話題となりました

このコンシーラーは、そんなNARSの基本精神をしっかりと受け継いだ商品になっており、ハイライトにも、コンシーラーにも使えるマルチユースな一本になっています。

全成分

全成分を確認しておきましょう!

水/ジメチコン/水添ポリデセン/プロパンジオール/BG/PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン/グリセリン/ジステアルジモニウムヘクトライト/PEG-10ジメチコン/ポリメタクリル酸メチル/ビスブチルジメチコンポリグリセリル-3/セスキイソステアリン酸ソルビタン/(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー/水酸化Al/イソステアリン酸/フェノキシエタノール/ポリシリコーン-2/EDTA-3Na/シリカ/酸化スズ/トリエトキシカプリリルシラン/酢酸トコフェロール/ピロ亜硫酸Na/トコフェロール/酸化チタン/酸化鉄/マイカ

プロバンジオール、BG、グリセリンと、含有量の多い一行目あたりに保湿成分が多数含まれているのが分かります。

ポーセリン
ポーセリン
さぞかし使い心地がしっとりしたコンシーラーなのだろうと思われますね!
  • パラベンフリー
  • アルコールフリー
  • 無香料
  • 皮膚科医テスト済
  • 眼科医テスト済
  • ノンコメドジェニック ※全ての方にニキビができないというわけではありません

標準色・色選び

標準色は1244です。

日本での取り扱いは全11色。

とても明るい肌・ハイライターとしてワントーン上げたい方向け
1241:トゥルーアイボリー(とても明るめ)

ピンク系のお肌向け
1242:ピンクベース(とても明るめ)
1246:ピンクベース(明るめ)
1312:ピンクベース(ミディアム〜ミディアムディープトーン)

ピーチ系のお肌向け
1247:ピーチベース(明るめ)
1243:ピーチベース(明るめ〜ミディアムトーン)
1248:ピーチベース(ミディアムトーン)

イエベ系のお肌向け
1244:イエローベース(明るめ〜ミディアムトーン)標準色
1245:ゴールデンベース(ミディアムトーン)

イエベ系の特に強いお肌向け
1310:イエロートーン(明るめ)
1311:イエロートーン(明るめ〜ミディアムトーン)

ポーセリンはファンデに合わせて標準色が欲しかったのですが、人気商品ゆえ品切れとなっていたため購入可能だった1311を購入しました。

ポーセリンはイエベだから大丈夫だろう〜と思いまして。(自己判断による)

手持ちのファンデに合わせると確かに黄味が強めでしたが、まあ馴染ませれば気にならない程度だったのでよしとしましたよ。

どこで買える?

全国の百貨店での取り扱い店舗、もしくはオンラインから購入可能!

NARS公式オンラインショップ

ラディアントクリーミーコンシーラーの使用レビュー

早速パッケージを開けてみます。

チップの先端は、こんな感じ。

まずはテクスチャーを確かめるべく、手の甲に出してみましょう!

これを指で伸ばしてみます。
クリーミーですね。
なめらか〜に伸びが良いです。

スルスルと伸ばして、手の甲全体に広げました。

黄味がやはり強すぎるカラーなんでしょうか、色的には合わなかったかも・・泣
ただ、カバー力はしっかりあるのは分かりました。
手の甲のシワの細かいところにもしっかり入り込んで細かくカバーできている様子はわかったのでとりあえずOK。

さて、手の甲で試したところでお顔でも試していきましょう。

これは、チップについた分量くらいを指にのせた状態。
これをお顔のシミ・くすみが気になる箇所に乗せていきます!

この辺かなあ、気になるあたり・・・・・汗
目尻のあたりから頬の横のあたり。
若い時はこんなところにこんなシミなかったのになあ。
いつの間にこんなシミだらけになっちゃったんだろ?
ちなみにこのお肌はリキッドファンデーション後のお肌です。

リキッドファンデーションの後から、コンシーラーを気になる箇所を中心に、ポンポンと置いていきます。

コンシーラーの使い方の基本

  • パウダーファンデの場合はパウダーファンデの前に使用
  • リキッドファンデの場合はリキッドファンデの後に使用

さて、ここからポンポンと指で広げていきます。

顔の横の気になる部分が隠れました。
つけた直後は黄味が強くて心配でしたが、周りのファンデの色に馴染ませれば大丈夫かな?と思います。

後から、コンシーラーを重ねた部分を触ってみましたが粉っぽくならず、しっとりとした感触でしたので潤い成分のお陰で保湿感が持続しているようです。

ポーセリン
ポーセリン
乾燥しないようなので、とても良いと思います!

まとめ

11色あるので色選びに迷いますが、基本ピンクベース・イエローベース・ピーチベースに分かれているので、各ベースのお色の中から肌の明暗トーンに合わせて、普段のファンデーションのお色を参考に選択するのが良いと思います。

保湿成分がぎっしり配合された、乾燥しないコンシーラーハイライター。

NARSの哲学「自由さと斬新さ」を体現したマルチユースのコンシーラー、保湿成分がたっぷり配合されたお肌にも優しい処方ですので、もし、まだお試しされていないようでしたらぜひこの機会にいかがでしょうか。

それでは、また!

この記事の筆者ポーセリンは
もやっています
フォローお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です