化粧下地・UV

イヴ・サンローランの人気下地「ラディアントタッチブラープライマー」を試す

こんにちは!

17歳年下の旦那さんのため、マイナス17歳肌を目指して日々奮闘中のポーセリンです!

今回は、イヴ・サンローランの人気下地「ラディアントタッチブラープライマー」を試してみることに・・・。

ラディアントタッチブラープライマーとは

ラディアントタッチブラープライマー」は、お肌の凸凹をなめらかにし、すべすべ肌に整え乾燥も防ぎながらファンデーションのノリも良くする化粧下地です。

ポンプ式になっており、一回1から2プッシュ使用します。

  1. 独自の「光拡散効果」で毛穴・凹凸・小じわ、くすみなどの欠点を瞬時にカバーするブラ―(ぼかし)効果があり、皮脂、汗による崩れを防ぐ。
  2. 細かな「フラットゴールドパール」の効果により、輝きを与え、つややかでナチュラルな立体感を演出する。
  3. 美容効果の高い4種のオイルを配合。

使い方

UVケアの後、適量(顔全体1~2プッシュが目安)をとり、指の腹全体を使って顔の内側から外側になじませる。

日焼け止めをつけた後、この化粧下地を間に挟むことによって、上から乗せるファンデーションの持ちを良くします

つまり、ラディアントタッチブラープライマーは、日焼け止めとファンデーションの、ちょうど接着剤のような働きをするのですね。

全成分


ラディアントタッチブラープライマーの全成分をチェックしていきましょう!

シクロペンタシロキサンジメチコンクロスポリマー、香料、コーン油、アンズ核油、クダモノトケイソウ種子油、コメヌカ油、シリカ、酸化チタン、酸化鉄、ホウケイ酸(Ca/Na)、酸化スズ

「シリコーンオイル」のシクロペンタシロキサン、またシリコーンオイルをゲル化させるポリマーとしてジメチコンクロスポリマーが多く入っているようです。

これらの働きにより、さらっとしたテクスチャーが実現し、上に乗せるファンデーションのノリを良くさせています!

ラディアントタッチブラープライマーを試してみる

それでは実際にテクスチャーを確認していきましょう。

ジェル状のテクスチャーに・・・むむむ?
金箔が見えますね〜!

それではこれを顔全体に伸ばしていきましょう。
比較のため、まずはスキンケアの後に日焼け止めだけを塗った状態の顔。

この状態の顔に、「ラディアントタッチブラープライマー」を塗り広げていきます。
金箔がキラキラしているのがわかりますか?
全く目立たない程度ですけど、確かに金箔が肌の上の乗っています。

また、塗り広げた後は、サラサラ・スベスベの肌になっており、次に塗るファンデーションが凹凸のないフラットな面に密着するためピタッとムラなく伸ばせるんです。

ポロポロしたものが出るという口コミを見たのですが、ポーセリンは特にそういったことはなかったですね。
おそらく、塗り広げるときに力を入れてゴシゴシ広げてしまったのでは・・・?
そうならないように、多めの2プッシュを優しく顔全体に広げると良いのではないかとと思います

また、この金箔の雰囲気から考察するに、今、限定で販売中のシルバータイプも同じような輝きをするものと考えられますね。
おそらく、使用感としても違いは「ほぼない」ものと思いますよ。


この後、引き続きファンデーションを塗っていきましょう。

今回使うファンデは・・・
同じくイヴ・サンローランの新製品ファンデ、「タン ラディアント タッチ クレーム」。

ツヤ感最高のYSL(イヴ・サンローラン)の新作ファンデーションを比較レビュー!イヴ・サンローラン(YSL)から2020年4月24日に発売されたばかりの今年の新作ファンデーションを試します。色選び、つけた状態のレビュー、他社ブランドのファンデとの比較。標準色は?ツヤ感は?カバー力は?乾燥肌には? ...

ワンプッシュで全顔に伸びます。

こんな感じでポンポンと数カ所に置いていき、ブラシを使ってクルクル伸ばしていくのがツヤ出しのためにはベストな塗り方、とM・A・CのBAさん!

このブラシ、面が丸みを帯びたドーム型で、真っ平らではないのです。
平らなブラシよりも顔全体に塗り広げやすい。


小鼻の横と目の下など細かい部分にも、これ一本で塗り広げていきます。

小鼻もクルクル〜っと、細かい部分もムラなく伸ばしていきます。

ファンデーション を塗った感じはこの状態。
ツヤ系ファンデで自然な仕上がりです。

これにフェイスパウダーをかけてフワっと仕上げます。

フェイスパウダーも良い感じです!
ちなみにここ最近のポーセリンのマイブームフェイスパウダーはこちら。

長らく口コミの良いジバンシイのフェイスパウダーを使っていたんですけど、キラキラの微粒子入りパウダーがどうしても好きで、キラキラ系パウダーに戻ってきてしまいました。
こちらもパウダーの粒子が細かくて、肌を美しく仕上げてくれるんですけどね。今はキラキラの入ったRMKのP00を気に入って使用しています。

 

そして仕上げにチーク&ハイライトを乗せてみました。
キラキラ系メイクの完成です。

ラディアントタッチブラープライマー」を使ってみての感想。

  • ツルツルの肌表面になることによってファンデーションのノリが高まる
  • オイルが配合されていることにより保湿感がアップ
  • 透明の液体のため肌色補正能力はない
  • 2プッシュで左右の顔にしっかり目に使用したところ完璧な凹凸の補正効果を実感

まとめ

マイナス17歳肌を常に意識するポーセリンは、ベースメイクが全てとばかりに良いものを探しています!

この「ラディアントタッチブラープライマー」を使ってみて、サラサラに凹凸を消す使用感が気持ちよく、ファンデーション前に必ず使いたい工程にルーティーン入りした一品です。

毛穴や小ジワの凹凸を瞬時に消し去るこの下地の心地よさ、一度体感してみてくださいね。

それでは、また!

この記事の筆者ポーセリンは
もやっています
フォローお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です